ストーリー・オブ・マイライフの主題歌・挿入歌の曲名や歌詞は?作曲者などもまとめてリサーチ

ストーリー・オブ・マイライフ~わたしの若草物語~主題歌・挿入歌の曲名は?作曲者などまとめてリサーチ!
スポンサーリンク

名作若草物語を映画にしたこちらの映画「ストーリー・オブ・マイライフ」が、アメリカで上映後瞬く間に人気となり、今日本でも話題になっていますね!

 

映画「ストーリー・オブ・マイライフ」の概略説明
  • マサチューセッツ州で暮らす四姉妹長女のメグ、次女のジョー、三女のべス、四女のエイミー。
  • 主人公の次女ジョーの目線に視点をおいて、結婚が女性の幸せといわれている時代で夢を追うという強い意志をもった彼女が悩み考えながら力強く生きていく様を描いたストーリー。

 

原作の「若草物語」で舞台の19世紀のアメリカを忠実に再現するために、美しい映像や音楽で表現されているようです。

そんな本作の主題歌・挿入歌がどんな曲名でどんな歌詞なのか気になるところですよね!

ちなみに19世紀のアメリカ音楽は、イギリスから影響を受けてできたもので、そのあたりを考慮してなのか同じヨーロッパはフランス出身の作曲者に依頼をしています!

今回はそんな歴史的映画「ストーリー・オブ・マイライフ」の、19世紀を感じさせる主題歌・挿入歌の曲名や歌詞など、映画を盛り上げるために必要不可欠の作中音楽の作曲者を調べていこうと思います♪

スッパさん
小説を読んだことあるけど、どんな風に19世紀を表現しているのか気になる!
バットさん
アカデミー賞で6部門もノミネートされた映画だから期待が高まるよね!

スポンサーリンク

 

映画『ストーリー・オブ・マイライフ』主題歌・挿入歌の曲名や歌詞や作曲者は?

まず結論から言うと、主題歌といったものがなく、一切歌詞が無いということが分かりました。

そこからさらに調べたところ映画の予告などで使われていたりするメインで使われている曲があるみたいです!

メインの曲とはどんな曲でどんな人が作っているのか?

そのあたりをくまなく調べていこうと思います!

 

作曲者:Alexandre Desplat(アレクサンドル・デスプラ)

アカデミー賞にノミネートされた映画「ベンジャミン・バトン」や「シェィプ・オブ・ウォーター」など、数々の映画に曲を作っていて、今回のこの映画も作曲を担当しているのは、パリ出身でイケメン作曲家のアレクサンドル・デスプラ。

 

Alexandre Desplat(アレクサンドル・デスプラ)プロフィール
  • 生年月日:1961年8月23日生まれ
  • 出身地:フランス・パリ
  • 地元フランスの映画音楽作曲家
  • 楽曲提供:「真夜中のピアニスト」「クイーン」「ベンジャミンバトン 数奇な人生」「シェイプ・オブ・ウォーター」

 

アレクサンドルはこの映画のためにオリジナルの楽曲を作って何曲も提供しているようです。

そんなアレクサンドルがこの映画の曲を作るにあたって、監督グレタ・ガーウィグに言われたのは「音楽はモーツァルトとデヴィッド・ボウイの間のように」だったそうです。

それに対してと、アレクサンドルはこのようにコメントしています。

 

アレクサンドルのコメント

期待に添えたかはわからないけれど、その正しさは理解している。弦楽器が奏でる音楽や響きは、19世紀のものでありながら、同時に情熱が噴き出てくるようなモダンなエネルギーに満ちている。本作はお行儀のよい映画ではないし、単に過去にオマージュをささげたものではない。音楽も映画の在り方を踏襲している。

 

つまり、この映画の曲の雰囲気は、監督のグレタ・ガーウィグがと作曲家に依頼しているように、美しさとどこか懐かしさ、そして力強さを感じる曲になっているということですね。

 

主題歌:Little Women(和訳:若草物語)


調べてみたところこの曲がメイン曲として使われているようでした!

しかし曲の題名が「LittleWomen」、和訳で“若草物語”と訳す…

公表はされてないですが、わたしはさすがにこれはメインテーマだろうと思いました。

この映画のBGMは全て19世紀の歴史映画にマッチしたサウンドで作られていて、曲の雰囲気でどこか懐かしい感じを漂よわせています。

最近の映画は大抵歌詞付きの音楽を使うことが多いのですが、これは一切歌詞がないBGMとして映画を盛り上げているみたいですね!

詳しいことは公表されていないようなので、私の推測になりますが、雰囲気を壊さないようにあえて歌詞をつけていないんじゃないかと!

あくまでも映画を引き立てるための曲として作られた可能性は大ではないでしょうか!

 

その他の挿入歌一覧

実は挿入歌もアレクサンドルが作曲した曲が使われています。

BGMとして使われていてほとんどに歌詞がありません。

挿入歌もアレクサンドルのこだわりがあり、19世紀の音楽を思い出させる仕様になっています。

そんな主題歌・挿入歌の26曲すべてを、アレクサンドルが作曲提供しているんです。

 

挿入曲一覧
  1. Little Women/Alexandre Desplat
  2. Plumfield/Alexandre Desplat
  3. The Beach/Alexandre Desplat
  4. Christmas Morning/Alexandre Desplat
  5. Dance on the Porch/Alexandre Desplat
  6. Ice Skating/Alexandre Desplat
  7. The Book/Alexandre Desplat
  8. Father Comes Home/Alexandre Desplat
  9. Christmas Breakfast/Alexandre Desplat
  10. Amy/Alexandre Desplat
  11. Friedrich Dances with Jo/Alexandre Desplat
  12. Telegram/Alexandre Desplat
  13. Theatre in the Attic/Alexandre Desplat
  14. Laurie Kisses Amy/Alexandre Desplat
  15. Friedrich/Alexandre Desplat
  16. Laurie and Jo on the Hill/Alexandre Desplat
  17. Young Love/Alexandre Desplat
  18. Meg’s Dress/Alexandre Desplat
  19. Carriage Ride/Alexandre Desplat
  20. Laurie/Alexandre Desplat
  21. The Letter/Alexandre Desplat
  22. Snow in the Garden/Alexandre Desplat
  23. Jo Writes/Alexandre Desplat
  24. Amy, Fred, Meg & John/Alexandre Desplat
  25. Dr March’s Daughters/Alexandre Desplat
  26. It’s Romance/Alexandre Desplat

 

ここでは何曲かピックアップしてあげていこうと思いますので、「アレクサンドルが作った19世紀の音楽」を聴いてみてください♪

 

「The Beach」

 

「Plumfield」

 

「Christmas Morning」

 

「Dance on the Porch」

どの曲も映画を盛り上げるBGMとして使われています。

どれも美しくて繊細で映画の時代背景にマッチしているのが分かりますよね!

スポンサーリンク

 

映画『ストーリー・オブ・マイライフ』の予告動画で使われている曲は?

次にこちらの予告で使われている曲を探ってみました。

ひとつの予告に前半と後半で2曲使われているようです。

一体どんな曲が使われているのでしょうか?

さっそくリサーチしていきましょう!

 

前半(0:00~0:35くらいの間)Washing Time/KATIE HERZIG

 

前半のクレッシェンドのイントロからサビに向かって少しずつ盛り上がっていくサウンドで、映画のサビの盛り上がりを加速させていきます。

曲が盛り上がっていくとともに、ジョーの気持ちの盛り上がりも感じられる一曲です。

 

後半(0:36~最後まで)Finder/Cyrus Reynolds, Folial

元々は歌詞が付いているのですが、この曲は、ボーカルが入っていないインスト楽曲に編集されて使われています。

盛り上がりから静かに始まるこの曲が、ジョーの未来の始まりのようで予告が終わった後も余韻を味わわせてくれます。

個人的にはこの映画の予告の終わりにピッタリだなと感じました♪

予告の曲も凝っていてとても「ストーリー・オブ・マイライフ」の雰囲気が出ていますよね♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、映画「ストーリー・オブ・マイライフ」の主題歌・挿入歌の曲名や歌詞、作曲者についてリサーチしました。

 

分かったこと
  • 主題歌というものはなく、メインとして使われている曲があること
  • どの曲にも歌詞がなく、BGMとしての役割をになっていること

 

有名な映画音楽をいくつも作っている作曲家が監督の依頼で、この「ストーリー・オブ・マイライフ」のために、楽曲を提供していました。

これは歴史映画が好きな方にはたまらないですね♪

歴史映画に興味がなくても美しい音楽や映像に普段の疲れをリフレッシュできるでしょう!

この映画は誰にでも見る価値はありそうです。

以上、映画「ストーリー・オブ・マイライフ」の主題歌・挿入歌の曲名や歌詞、作曲者について紹介しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です